ついに!ディワーリーのために入手したガムチャサリーで一張羅コーディネート

 

Posted on 27 Oct 2019 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

ドゥルガープージャー(Durga Puja)たけなわのコルカタ、若いブランド「145 East」から10月初旬に届いた、とっておきのサリーです。



価格は4,500ルピー。
実際に届いたものをつぶさに見てみると、
カタログに掲載のものとは微妙に使っているガムチャやその合わせ方が異なっていたので、
同じものはたぶん、世界に2枚とないだろう。
とても気に入っている。
 


実際、このサリーは「ゲームチェンジャー」だ。
この日集まった人たちは誰も、一目でわたしがサリーを着ている、
ということにすら気づかなかった。
ワンピースか何かを着ていると思ったそうだ。
 


この日のコーディネートは、
ZARAで安売りしていた生成りコットンのオフショルダークロップドトップをブラウスに、
下は「Zivame」のペチコートを穿いている。
靴は「ジーユー」で入手したものだ。
サリーは、全身プチプラでコーディネートしても全然安っぽく見えないところもいい。
 


あんまり気に入ったので、色違いや別パターンのガムチャサリーも欲しくなっている。
やはりガムチャサリー職人として知られる、コルカタの「Sanjukta」さんのも気になる。
 


ASKSiddhiガムチャサリー関連記事
ついにわが家にやってきた、ガムチャを繋いだ「ゲームチェンジャー」なサリー!
魅惑の「145 East」ガムチャ製サリー、その価格の理由

ワクワクしかない!ガムチャでサリーを作って売るコルカタのブランド「145 East」

ASKSiddhi、サリー用ペチコート関連記事

マーメイド型サリー用ペチコートの続報:インドで簡単に入手できるのはこちら
ユニクロ・インドに作って欲しいもの:エアリズム素材で伸縮性のあるサリー用ペチコート

本日最も読まれている記事
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
プネーつれづれ:無用のアドバイスでも、じっくり聞いてネタに 24 Oct 2019

「Gully Boy」の監督がお茶の間に届けるネット配信ドラマ、「Made In Heaven」を鑑賞 19 Mar 2019
日本人と顔立ちがよく似た「セブン・シスターズ」北東部の女性、人種差別に立ち上がる 18 Mar 2017

 





              



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments