ムンバイー・ローカル、一秒一刻を争う「ある事態」で運行遅延

 

Posted on 21 Jan 2019 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

よく分からない力に突き動かされて、周囲が見えなくなってしまうようになる前に。写真は「釜山のローカル」、釜山メトロ(地下鉄)の駅校内にて(2018年12月25日)。



英領時代の1853年に開通し、「ローカル(Mumbai Local)」という愛称で親しまれ現在も1日に760万人が利用する市民の重要な足、ムンバイー郊外列車(Mumbai Suburban Railway)
当然ながら日本と同様に、定時運行を要としている、このローカルが、ある「珍客」を救出するために運行を一時停止する事態に陥ったことを、「The Times of India」が伝えていた。

Western Railway halts peak hour services to save pigeon - The Times of India

事件は今月16日、まだまだローカルのラッシュ時間のただ中にある時間帯の午前10時ごろ、ゴーレーガーオン(Goregaon)駅の北端で、架空電路に引っ掛かった糸から、怪我をした鳩がぶら下がっているのを、副駅長が発見したことを発端とする。

副駅長は「一刻の遅れも許されない状況」に、直ちに消防署と架空電路担当の技師に通報した。
そして鳩を速やかに救助すべく、ゴーレーガーオン駅を通過するウェスタン・レイルウェイ(Western Railway)当局に午前10時28分より数分間、架線への通電を切るように依頼したのだった。
おかげで消防隊員は傷ついた鳩を速やかに糸から解放し、救出することに成功した。

鳩はその後、近くの野鳥保護センターに持ち込まれて応急処置と必要な治療を受けている。

実はこの手のストーリーには前例がある。
昨年11月には、同じくウェスタン・レイルウェイのヴィレ・パールレ(Vile Parle)地区にある高架橋で、子猫が梁の間に引っ掛かって出られなくなっているところを、鉄道職員が5日間かけて救出したという事件が発生していた。

「取引先の商談に1分1秒の遅刻も許さないこと」と、「鳩を助けるための列車の運行遅れを受け入れること」。
これらは、究極の選択となり得るのだろうか。

本日最も読まれている記事
新橋の南インド料理「ナンディニ」で、インド帰国直前ティーパーティー東京エディション 14 Jan 2019
人知れず苦労する人たちを決して見過ごさなかったラジャスターン州の兄弟の発明品 11 Jan 2018

ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016
インド鉄道で、社会の着実な変化を鮮やかに象徴した、ある非常事態 18 Jan 2019
マカール・サンクランティ 15 Jan 2016
インドへの帰路、NH829機内では「Tumhari Sulu」を鑑賞 17 Jan 2019
ケーララ州でささやかな茶店を経営しながら世界旅行する夫妻に、あの人が思い切った提案 11 Jan 2019

 





    



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments