マハーラーシュトラ州公立病院でのワクチン無料化でアンバランスに

 

Posted on 25 Jun 2021 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

急いでいる人は民間病院での接種が断然よさそうです。早くまたみんなで集まってティーパーティーしたいな。



いやそりゃそうなるよね、という話題を、「Indian Express」電子版が伝えていた。

Pune: As govt facilities start free vaccination for 18-44 group, some pvt hospitals see fewer takers for paid vaccine doses

18歳以上の成人に対し、必要な人には公立病院で、無料で新型コロナウイルス感染症対策ワクチンを接種する旨をプネー県予防接種担当官サチン・エッケ(Dr Sachin Edke)医師が発表すると、有料の民間病院でのワクチン余りが深刻化している、という話題だ。

そこで民間病院では、支払う余裕のある市民に対し、ウォークインですぐに接種できる利点を挙げるなどして、無料のワクチンを本当に必要としている人のために開放して欲しいと呼び掛けると同時に、職域接種の推進による余ったワクチンの消費を目指し、市内の企業数社と提携している。

プネーのノーブル病院(Noble Hospital)、シンバイオシス病院(Symbiosis Hospital)、ルビー・ホール・クリニック(Ruby Hall Clinic)、ジャハンギール病院(Jehangir Hospital、筆者も診察券あり)、サヤードリー病院(Sahyadri Hospitals)、ディーナナート病院(Deenanath Hospital)などの代表的な民間病院では、これまでの接種希望者数に応じたワクチンの発注を済ませてしまっており、大量の「ワクチン余り」という事態が発生している。
なお、有料ワクチン接種は、アストラゼネカ製「Covishield」が750ルピー前後、国産バーラト・バイオテック(Bharat Biotec)製の「Covaccine」が1,300ルピー前後となっている。

参照: Covid vaccine India_ At Rs 700-Rs 1,500, price of Covid vaccine in India’s private sector among costliest _ India News - Times of India

6月21日までにプネー県全体で380.5万回のワクチン接種が実施され、うち343万8,000回は「Covishield」、35万7,000回は「Covaccine」となっている。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
ムンバイーのダッバー・ワーラーたち、未曽有の危機を乗り越える不屈の精神 Posted on 14 Jun 2021
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 Posted on 01 Oct 2019
モンスーン入りしたプネー近郊の、美しい緑を愛でに行っただけなのに Posted on 22 Jun 2021
IMF初のチーフエコノミストに就任したギータ・ゴピーナート氏のあれこれ Posted on 05 Oct 2018


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※6月25日付けのメール、件名「海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業の開始」


●日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としてワクチン接種を本年8月1日から開始します。

1 日本に住民票を有しない海外在留邦人等の皆様の中で,日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としたワクチン接種事業を,本年8月1日から開始します。終了時期は2022年1月上旬を予定していますので,フライト等制約がある中で計画的にご準備ください。
 詳細については,外務省HP内の以下の特設ページに記載しておりますので,御関心のある方は以下のURLからご確認ください。
 URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html 
 本件事業について質問がある方は,まずは上記特設ページ内にある「よくある質問」コーナーをご一読ください。

 2 なお,本件事業の対象者は以下の条件を全て満たす方ですのでご注意ください。
-在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は一部の再入国出国中の外国人(対象範囲は上記外務省HPの特設ページでご確認ください。)
-日本国内に住民票を有していない方
-接種を受ける日に12歳以上である方
※海外在住でも日本国内に住民票を有する方は自治体による接種の対象となるため,本事業の対象外となります。また,現時点では日本国内に住民票を有していない場合であっても,帰国時に転入届を提出し,住民票登録を行う場合は,登録先の自治体による接種事業の対象となるため,本事業の対象外となります。本事業は,日本国内に住民票を有しないため,自治体によるワクチン接種を受けることができない方を対象としています。住民票を有する方や転入届を提出した方については,各自治体からのワクチン接種に関する案内をご参照ください。

【問い合わせ先】
在ムンバイ日本国総領事館・領事班
電話(91-22)2351-7101
メール ryoji@by.mofa.go.jp
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments