サリー姿でウェイトトレーニングをして、身も心もきれいになろうと呼び掛けるプネーの先生

 

Posted on 06 Jul 2021 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

確かにサリーをかっこよく着こなすことを意識すればするほど、腹回りの引き締めをがんばろうという気持ちになりますよね。



この方もプネーなんだ、これは断然お近づきになりたい。

Pune woman in saree does push-ups and weight training in viral video. Read her story here

サリーを着てジムでウェイトトレーニングに励んでいるとして、ソーシャルメディアで話題になっている女性がいる。

この女性、シャルワリ・イナムダル(Sharvari Inamdar)さんは医師(Dr.)のようで、体を鍛えることによる健康の維持効果を、ちょっと変わった方法でプロモーションしている。

シャルワリ先生のジム歴は5年ほどで、腕立て伏せ、懸垂、ウェイトトレーニングもマスターし、厳しいフィットネススケジュールで自己を律する生活を送っている。
しかもサリーを着て。

インディア・トゥデイ(India Today)の取材に対し、シャルワリ先生は次のように語っている。
「率直に言って、毎日サリーを着ている女性は少数派になりつつあります。誰にとっても快適な衣類というわけではありませんしね。一方、インド人女性として、お祭りや結婚式など、何かを祝うとき、私たちは伝統的な衣装に身を包もうとします。ですからサリーを身に着けることが、女性たちが自らの身体をいたわらない言い訳になってはなりません。そこで私はサリーを着てワークアウトすることで、女性らしさを祝っているのです。」

というのもシャルワリ先生は、フィットネスに余念のないすべての女性たちに、ウェイトトレーニングを含めることを推奨しているのだ。

「ウェイトトレーニングは、骨密度と筋肉量の改善に役立ちます。またウェイトトレーニングするなら、きちんと食べて、休み、自分の身体をいたわろうとするようになります。そうすることで感情的、肉体的、精神的にも強くなり、家族や社会によりよい貢献ができるようになるのです。多くの女性が好むヨガやダンスを否定するわけではありません。そのルーチンにウェイトトレーニングを含めることで、若々しさと心身の強靭さ、柔軟性を保つことができます。筋肉が発達し過ぎてムキムキになることを心配する人がいますが、ボディービルディングはスポーツであり、一般の人であれば心身をアクティブに保つことに加え、引き締まった美しい、均整の取れた若々しいスタイル作りに役立つはずです。」

シャルワリ先生はサリー姿で力説している。

もちろん、先生のインスタグラムは早速フォローした。

Dr. Sharvari Inamdar(@inamdarsharvari) • Instagram写真と動画



 

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
世界最悪の交通渋滞は、あの都市:ほかワースト10にインド4都市 Posted on 30 Jan 2020
友人、インドのミルトン水筒に魅せられる Posted on 02 Jul 2021
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 Posted on 01 Oct 2019
福岡のベンガル料理店インディアンスパイスファクトリーに行けないあなたも楽しめる、唯一無二の味 Posted on 01 Jul 2021


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※6月25日付けのメール、件名「海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業の開始」


●日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としてワクチン接種を本年8月1日から開始します。

1 日本に住民票を有しない海外在留邦人等の皆様の中で,日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としたワクチン接種事業を,本年8月1日から開始します。終了時期は2022年1月上旬を予定していますので,フライト等制約がある中で計画的にご準備ください。
 詳細については,外務省HP内の以下の特設ページに記載しておりますので,御関心のある方は以下のURLからご確認ください。
 URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html 
 本件事業について質問がある方は,まずは上記特設ページ内にある「よくある質問」コーナーをご一読ください。

 2 なお,本件事業の対象者は以下の条件を全て満たす方ですのでご注意ください。
-在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は一部の再入国出国中の外国人(対象範囲は上記外務省HPの特設ページでご確認ください。)
-日本国内に住民票を有していない方
-接種を受ける日に12歳以上である方
※海外在住でも日本国内に住民票を有する方は自治体による接種の対象となるため,本事業の対象外となります。また,現時点では日本国内に住民票を有していない場合であっても,帰国時に転入届を提出し,住民票登録を行う場合は,登録先の自治体による接種事業の対象となるため,本事業の対象外となります。本事業は,日本国内に住民票を有しないため,自治体によるワクチン接種を受けることができない方を対象としています。住民票を有する方や転入届を提出した方については,各自治体からのワクチン接種に関する案内をご参照ください。

【問い合わせ先】
在ムンバイ日本国総領事館・領事班
電話(91-22)2351-7101
メール ryoji@by.mofa.go.jp
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments