マイソールでも観光客向けに電気自転車レンタルやツアーのサービス開始

 

Posted on 12 Oct 2019 21:00 in トラベル・インド by Yoko Deshmukh

ずいぶん前に一度行ったきりのマイソール、また行きたいな。Photo of Mysore Palace from Wikipedia.



毎晩壮麗にライトアップされるマハラジャの宮殿、「マイソール・パレス」や、最近ではコーヒー農園など、カルナータカ州のバンガロールからもアクセスしやすく観光の名所となっているマイソール(Mysore)では、電気自転車のレンタルサービスが始まったようだ。

Explore rich history of Mysuru on e-bikes

現在、電気自転車のレンタルサービスを提供している自治体は、ゴア、ポンディチェリー、グジャラート州の一部都市。
マイソールは、カルナータカ州初の都市となる。

電気自転車で周回できる範囲には、マイソール宮殿(Mysuru Palace)、チャマラジェンドラ動物公園(Chamarajendra Zoological Gardens)、ブリンダーヴァン庭園(Brindavan Gardens)などの主要観光地がある。
サービスは持続可能で環境に配慮した観光プランを提案するマイソールのスタートアップ旅行業者の「ExpiTours」が電気自転車レンタルを運営する「B:Live」とタイアップして展開する。

2週間前よりサービスの展開を始めた「ExpiTours」は、市内3カ所を起点とする電気自転車で巡る、1日3時間2,000ルピーでマイソールの魅力を知り尽くしたガイドによる、食事付きの観光ツアーの企画もしている。
現在8台の電気自転車を所有、まもなく10台を追加する。

また同社は、マイソールでの反応を見ながら同じく国際的な観光地として知られるマディケリ(Madikeri)やハンピ(Hampi)での展開も予定している。

本日最も読まれている記事
「Gully Boy」の監督がお茶の間に届けるネット配信ドラマ、「Made In Heaven」を鑑賞 19 Mar 2019
10月に突入しても居座るモンスーン、そんなある日の午後 04 Oct 2019
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016

プネーからも続々渡航、経済産業省の「国際化促進インターンシップ事業」 06 Oct 2019
不況に全く動じないヒンディー語映画産業、2019年は大ヒット年に 05 Oct 2019

 





    



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments