もしもの時に備えておこう、この楽譜

 

Posted on 22 Mar 2020 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

家族や近所の人よりも、わたしのことをよく知らないSNS上の反響の方が大きく温かくて、あらためて日頃の行いについて反省しています。



ふだん、どちらかと言えばモー〇ー首相は支持してない派だが、今回全国民に呼び掛けた「Janata Curfew」、別名「みんなでやってみよう、外出禁止令ごっこ」は、今インドに一番必要な措置であり、英断だった※。

その「Janata Curfew」を呼び掛ける20日の首相声明にあった、「22日午後5時からは5分間、感染の危険を冒して仕事を続けている航空会社職員、清掃員、フードデリバリースタッフ、列車やバス、オートリクシャーの運転手、政府職員、警察官、そしてジャーナリストたち(राष्ट्र रक्षक、国の護持者たち)に感謝の気持ちを込めて、自宅バルコニーから拍手を送りましょう」と呼び掛けるメッセージは、とてもいいものだなと思う。

Take part in ‘Janata Curfew’ and add strength to the fight against Coronavirus

17時きっかりに、わが団地でもみんなが手を叩き、鍋や釜を叩き、敷地内寺院の鐘を鳴らした。
SNSでも多くの人がその瞬間の模様をシェアしており、それぞれ壮観で、国民すべてがともに苦境を共有している仲間である、との一体感を演出する効果もあるのだな、などと感じた。
そこでわたしは、拍手の代わりにインド国家をピアノで演奏することにした。
すぐに弾けるコードCの簡単バージョンを、YouTubeで見つけた。



 

3年前の独立記念日の時に弾いてみたものと同じだった。
とても簡単なバージョンで、楽譜が読めなくても演奏できるようになっていたので、誰でも気軽に試せる。

いろいろ見ていたら、なかなかいろいろなピアノアレンジがあって興味深い。


あまりにファンキーすぎやしないかい編


ハンサムガイ on グランドピアノ編


ピアノじゃないけどさすがの迫力、泣く子も黙る「SOI(Symphony Orchestra of India)」編


次の機会のために練習しておこう。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
サリーで入店しようとした客を拒否したデリーのレストランがSNSで炎上 14 Mar 2020
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 01 Oct 2019

わたしにとってウイルスより恐ろしいことは 20 Mar 2020
新卒給与水準が低すぎて単発仕事に手を出す工科大学出身やMBA持ちのエリート 16 Mar 2020

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments