2010年代よ、さようなら、2020年代ようこそ

 

Posted on 31 Dec 2019 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

旧年中、2010年代はASKSiddhi(アスクスィッディ)を大変お世話になりました。来る年、2020年代もどうぞよろしくお願いいたします。



この記事を作成しているのは、2019年12月31日の日本時間20時、インド時間16時半である。
本年もASKSiddhi(アスクスィッディ)を見に来てくださり、ありがとうございました。

新年への希望を込めて、今年のサリーファッション9選をコラージュしてみた。
今年も、わたしにサリーのインスピレーションを与えてくださったのは、@chitrini さんや @nikaytaa さん、@yyyyyrtm さん、@winnynarayan さん、@sareeandgroundbeneath さん、@sachikonakayam さんをはじめとするファッショニスタたちだ。
彼女たちには遠く遠く及ばず、サリーが大好きなのに、思うようにサリーのコーディネートを考えたりすることができていないが、2020年はきちんと歴史などの文化的な背景も勉強して、サリー道を着実に歩んでいきたい。

年末は、自分の人間としてのダメっぷりより強く痛感することばかりで、大晦日のこの瞬間も、そこはかとない罪悪感に苛まれているわたしである。

なぜか人間関係の維持が極端に苦手なわたしは、たくさんの方々にご迷惑をお掛けしているものと自覚し、反省している。
2020年は、これまでより一層、慎重に行動するよう心がける。
せめて、こちらをお読みのあなたは、スッキリとした気持ちで年始をお迎えになりますように。

ところで、日本が旧暦の新年を祝っていたのは、いつごろまでのことなのだろうか。
こちらに少し記述があったが、明治時代はじめごろまでは、わたしたちにとっての新年も春節と同じタイミングだったようだ。

日本だけなぜ祝わないのか?各国の旧正月の祝い方をご紹介

願わくば旧暦の新年、今年は1月25日までに、自分自身にけじめをつけたい。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
東京と福岡の、サリーパーティー比較考察☆ 24 Dec 2019
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016

ASKSiddhiとわたしの2019年、振り返りと反省 26 Dec 2019
恒例の福岡サリーパーティー、写真編 23 Dec 2019

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments