日本の母による渾身のウェブリサーチ成果、「ヒマラヤ(Himalaya)化粧品の威力」

 

Posted on 03 Feb 2020 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

惜しげなく使えるので、効果も早く実感できます。



日本から戻ってからこの1カ月ほど、プネーの狭いボロアパートを居城とするわが家に、一緒に日本から来た母が滞在している。
今週木曜日のフライトで、母のみ帰国する予定だ。

プネーに来ても、仕事で忙しいわたしやシッダールタ、そして日本語を勉強中で平日は大学に通っているRちゃんが付き添いできる時は限られている。
母は今回で渡印もかれこれ5度目となるものの、1人で積極的に外出することは、団地のキラナで時折、野菜を買ってきてくれる時ぐらいで、ほとんどない。
わたし自身も引きこもりがちであり、ましてや母は英語すらまったくできない点を考えれば、無理もないことだ。

自宅では、わたしがお願いしたサリーの端縫いやら、母自身が日本から持ち込んだ何らかの縫い物をしている以外は、スマートフォンまたはタブレットを眺めているばかりである。
このため、基本的にはショッピングモール等に一緒に来て、カフェなどでわたしが仕事をしている間に、モール内の店舗を見て回ってもらったりしているが、だいたいそれもすぐ飽きるので、やはりじっとわたしの横に座ってタブレットやスマートフォンを凝視している母である。

そんな、わたしに一層の輪をかけた「臨時自宅警備員」に文句ひとつ言わず就任している母が、ありあまる時間を割いてリサーチに勤しんでいるのは、「インドで買うべきものリスト」情報だ。

そこで本日は、母から教えてもらったものの中から、興味深かった「ヒマラヤ(Himalaya)」化粧品を、実際に自ら使用してみた実感をレポートしてみたい。

母が教えてくれたのは、ヒマラヤ商品を、かなり丁寧に紹介されている以下の記事だ。

インドの国民的コスメ!インドで買ったヒマラヤ化粧品をご紹介します

この記事を参考に母が購入したクリーム2種を試させてもらった。

うち上の記事にもある「Nourishing Skin Cream」は、すがすがしい香りは好みだったものの、小さじ1杯ほどの分量をたっぷりと全顔と首にすり込んだにもかかわらず、わたしの肌には少々潤いが物足りなった。

そこで母が別の媒体から見つけてきた、ちょっとお高め(と言っても50グラム入りたったの250ルピーあまり)の「Anti-Wrinkle Cream」も使わせてもらった。
香りは「授業参観日の教室」のようで若干、苦手だったが、保湿はオーケー。
ところが朝の洗顔後の、いわゆる「ガッテン塗り」に上記と同量程度を使用したところ、配合されているフルーツ酸とおぼしき成分により、古い角質だか垢だかのモロモロが出てきてしまった。
ただし、その日の晩、洗顔時に顔を触った時のツルツル感は素晴らしかった。

このため、試しに夜のお手入れ前にこちらの商品をもっとたっぷりめに塗ってマッサージし、いったん化粧水で拭き取ってから次のステップに進む、という工程をこの2日間ほどやってみたら、翌朝までツルツルのピカピカ、しかも柔らかなモチモチ肌が1日中持続しており、満足している。
同じような工程を試している60代後半の母ですら、明らかに肌のトーンが2段階ほど上がり、いつでも温泉に入ってきたばかりのようなむきタマゴ肌になっている。

いずれも、インドで調達すればとても安価なので、在住者としては惜しげなくたっぷりと使える点もポイントが高い。
朝の「ガッテン塗り」用として、「Clear Complexion Whitening Day Cream」も気になっており、近日中に入手の上、改めてレビューしたい。

教えてくれた母に、感謝したい。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 01 Oct 2019

世界最悪の交通渋滞は、あの都市:ほかワースト10にインド4都市 30 Jan 2020
おしゃれな雑貨店とカフェの複合施設、「Chamiers」 26 Jan 2020

 





    



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments