第2回「#福岡サリーおしゃれ会」はあっという間に満席に☆サリー好きは永遠に募集中☆

 

Posted on 20 May 2019 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

写真は「#sarisunday」用に友人が福岡の護国神社で撮ってくれました。ツイッターのサリー仲間、@DiavelSusie さんから教えてもらった「Boggili Posi Kattukodam」巻きのアレンジで、パッルー部分も漏れなくスカートとして折り込んでいます。さすが、とても歩きやすく機能的な着こなしでした。



福岡市でのイベント開催ノウハウを知り尽くした、薬院の「ラタフィア(Ratafia)」店主、吉村智美(よしむら・ともみ)さんを訪ねて相談したのが金曜夜。
「まずは告知しましょう」との言葉に背中を押されて、把握できている限りの情報で告知したのが土曜の朝。

第2回「#福岡サリーおしゃれ会」は、南インド料理に合わせる一流ワインとのコラボ☆
※現在イベントはキャンセル待ちの受け付け中です

そして日曜日の昼までには、「イベントは告知から4~5日が勝負」との吉村さんのお言葉通り、満席になっていた。
現在はキャンセル待ち希望者を受け付けているので、興味のある方は yokodeshmukh[at]gmail.com 宛てにご一報いただきたい。

凄腕のソムリエであり、よきメンターでもある吉村さんが厳選したワインと、福岡市営地下鉄赤坂駅から徒歩3分という便利な立地にある、ポラポラ食堂さんの評判高い南インド料理を、有志がサリーを着こなして集まり、楽しむ会になるだろう。
イベント当日まで、引き続きサリーの試行錯誤を続け、ASKSiddhiで披露していけたらと思っている。

また、6月8日のイベントがすぐに満席になってしまったこともあり、可能な限り今回の福岡滞在中に、参加できなかったサリーを着たい人たち同士で個人的に集まるティーパーティーのようなものでもできたらなと考えている。
そんな会に興味がある方は、そっとメッセージをいただけたら、とってもうれしい。

本日最も読まれている記事
記念すべき第1回「#福岡サリーおしゃれ会」、開催報告と6月イベントの予告☆ 13 May 2019
親愛なるみなさまへのお詫びと、ASKSiddhiが苦手なこと7つ☆ 16 May 2019

信心や宗教の本質に忠実に生きる、ケーララ州のヒンドゥー教徒たちとイスラーム教徒たち 10 May 2018
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016
意外に低かった?世界の大学ランキング200校中のIITの位置は 09 Jun 2017

 





      



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments