ダンテラスに購入したもの:そしてデリー・メトロが無人運転という意外な展開に

 

Posted on 17 Oct 2017 22:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

はじめてダンテラスに宝飾品を買うという、教科書通りな行動をしてしまいました。



※写真はシンガポールのBRTブギス駅。広告のテーマがすごいな。
 

ディワリのメインデー、マハーラクシュミー・プージャ(महालक्ष्मी पूजा)を2日後に控えた本日はダンテラス(धनतेरस)ということで、この日に一生のお守りになってくれそうな宝飾品をを買うと、幸運が訪れると信じられている。

光り物を購入して運気を上げる!「ダンテラス」【インド】 - 海外生活WOWネタ

そこでわたしは、ずっと念願だった「マザーハウス」の商品の中から、新製品として登場し、わたしの名からも一文字入った素敵な名前を持つボルネオ・ダイアモンドのネックレスを注文した。

Asahi/朝陽 - MOTHERHOUSE

このネックレスに使われているインドネシアのボルネオ・ダイアモンドを巡るストーリーは、以前SNS上でたまたま目にして、ものすごく魅力を感じた。



 

購入できたことを幸運に感じるとともに、ダンテラスの力も味方につけたネックレスを身に着けて、もう少し自信を持って歩いていけるようになれたらいいな。

そんなこの日、デリー・メトロ(दिल्ली मेट्रो)で今月から開業するマゼンタ線(Magenta Line)で、まさかの無人運転が導入されるという話題を、「The Better India」が伝えていて心底たまげた。

Delhi’s new ‘driver-less’ Metro line: Here’s all the new amenities & stations - The Better India

マゼンタ線ではCBTCと呼ばれる、通信を用いた列車制御の仕組みを導入した先端信号システムを導入、列車内に無線LANを完備した、エネルギー効率のよい運行を目指すとしている。
ただし無人運行は2年後の開始を目指すとしている。

7月にシンガポールで無人運転の地下鉄(MRT)を利用した際に、「こういうのはマンパワーの国、インドに登場するわけないな」などと思っていたが、完全に誤算だったようだ。





            



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments