無印良品のスカートタイプのペチコートを仕込んだ、ラップワンピースとサリーのコーディネート

 

Posted on 26 Apr 2021 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

日本の大手ブランドで販売されている、吸湿速乾性ペチコートはサリーにも効きそうです。願わくばユニクロ・インドとかが「TiaBhuva」さんが作っているようなサリー用補正機能つきペチコートをいつか出してくれないかな。



先日予告したとおり、まずは無印良品のスカートタイプのペチコートを、薄い綿(mul)サリー(「Fab India」で購入)の下に仕込んでみた。
 


ところがペチコートの丈が思っていたよりもだいぶ短く、膝上5センチほどしか届かず、脚の形がハッキリと分かってしまいちょっとまずい。

そこで、その短さを逆手に取り、わたしが「サリーの師匠」と勝手に仰いでいる @winnynarayan さんや @nupur_amarnath さんなどの、インスタグラムのおしゃれ先生たちを真似してラップワンピース×サリーのコーディネートに利用してみることにした。

素脚でなくさらさら素材のペチコートを挟んであるおかげで、何より汗を吸ってくれるし、同じ綿のラップワンピースの下に綿サリーを仕込んであることから心配した、摩擦で歩くたびにサリーの裾がずり上がってくるようなことがなく、快適に1日を過ごすことができた。
※ちなみにこの日は友達と会うため、電車で片道45分ほどかけて福岡空港までやってきた。
 


ラップワンピースは「Okhai」で購入したものだ。

また、せっかくスマートシルエットになるラップワンピースをスッキリとバランスよく着こなしたかったので、基本は最もスタンダードな「Nivi Drape」だが、プリーツは @tiabhuva さんがたびたびチュートリアルを投稿されている、後ろに作る方法に挑戦した。



 


 

左肩にかかるパッルーの部分をラップワンピースの胸元から引き出している。
ワンピースもサリーも同系色かつほぼ同素材のため、馴染みすぎて言うまで友達もサリーだと気づかなかった。

結論として、膝ぐらいまであるワンピースとサリーを組み合わせる、こんな着こなしの日には、無印良品の短めスカートタイプのペチコートでも、いい仕事をしてくれる。

明日は、ユニクロのクロップド丈ペチコートの上にサリーを巻いてみる。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 Posted on 01 Oct 2019
ある報道に接して感じた、日本の残念さ Posted on 18 Apr 2021
あの祭りからの「プラサード」は不要:ムンバイー市長が激怒 Posted on 19 Apr 2021
第一次世界大戦で犠牲になった多くのインド人兵士たちの存在 Posted on 17 Mar 2018


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※4月20日付けのメール、件名「新型コロナウィルスに関する注意喚起(マハーラーシュトラ州における食品販売制限措置)(続報)」


●4月20日、マハーラーシュトラ州政府は、食品の店頭販売時間を制限する命令を発出しました。この制限の期間は、20日午後8時から5月1日午前7時までとなります。

1 4月20日20時より、マハーラーシュトラ州政府は、食品の店頭販売時間を制限する命令を発出しました。この制限の期間は、20日午後8時から5月1日午前7時までとなります。

2 全ての食品(野菜、肉、魚、卵等)の店頭販売は午前7時から午前11時まで(自宅宅配は引き続き午前7時から午後8時まで(市区町村行政担当部署により変更される可能性あり))となりました。

3 インド政府は、外国人の入国制限の緩和に関するガイドラインを発表していますが、日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。緊急にインドへの渡航を検討されている邦人の皆様におかれては、その必要性や時期について、渡航の是非を慎重に再検討いただくよう、お願い申し上げます。

4 在留邦人、インドご滞在中の皆様におかれては、以下の点にご注意の上、最新情報の入手に努めてください。
(1)中央政府及び地方政府が感染予防のための措置を継続しており、制度が突然変更される可能性もありますので、十分注意して行動してください。
(2)ご自身や周囲の人の感染防止のため以下の点について励行願います。
・不要不急の外出を控える。
・外出時はマスクを着用する。
・密閉空間、密集場所、密接場面を避け、ソーシャル・ディスタンスを確保する。
・アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。目、鼻、口などに触れる前に手洗いをする。

(各種情報が入手できるサイト)
インド政府広報局ホームページ
https://pib.gov.in/indexd.aspx
インド保健・家庭福祉省公式ツイッター
https://twitter.com/MoHFW_INDIA
インド入国管理局ホームページ
https://boi.gov.in/
在日インド大使館ホームページ
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/index_jp.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ:新型コロナウィルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
首相官邸ホームページ:新型コロナウィルス感染症に備えて
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在ムンバイ日本国総領事館・領事班
電話(91-22)2351-7101
メール ryoji@by.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続をお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments