スイート&スパイシーなホットサンド、カッチー・ダベリの作り方

 

Posted on 26 Feb 2021 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

写真は、プネーで近所に住む、料理上手な義妹が作ってくださった、ほっぺたの落ちそうなおいしい手作りカッチー・ダベリです。



カッチー・ダベリ(Kutch Dabeli)をご存知だろうか。
その名が指すとおり、グジャーラート州出身者たちが考案したとされ、ムンバイーやプネーでも愛されているストリートフードだ。

熱した鉄板の上でバター焼きしたパオ(Pav)の中には、茹でたジャガイモを「ダベリマサラ(Dabeli Masala)」と呼ばれる特製スパイスで和えた、甘いような辛いようなペーストに、ピーナッツやシェウ、ザクロを混ぜた不思議なフィリングが挟んであって、初めて食べた時には、その衝撃的な味わいにびっくりして病みつきになり、思わずもう1個、注文してしまったほどだ。

その「カッチー・ダベリ」のレシピが「NDTV」に紹介してあった。

Watch: How To Make Kutchi Dabeli - Popular Street Food Of Gujarat And Mumbai 

「ダベリ」とはグジャーラーティー語で「押さえる」という意味だそうで、言ってみれば「インド版ホットサンド」だろうか。

「NDTV」レシピによれば、ダベリマサラとは、コリアンダーシード、フェンネルシード、シナモンスティック、クミン、ブラックペッパー(粒)、クローブ、ブラックカルダモン、スターアニス、白ごま、ベイリーフ、ドライレッドチリ、ココナッツフレークは炒り、そこにカシミールレッドチリパウダー(Kashmiri red chilli powder)、ブラックソルト、アムチュールパウダー、塩をよく混ぜ、ピーナッツオイルで練ったもの。

フィリングは、フライパン(インド鍋)に油を熱し、茹でて潰したジャガイモを入れ、上のダベリマサラを加え炒め、そこにMeethiチャトニー、塩、ココナッツフレーク、味付け(マサラまたはコショウ、チリなど)ピーナッツ、タマネギ、コリアンダーリーフ、シェウ、ザクロを加えて軽く混ぜ炒める。
できあがったらパオにたっぷり挟み、バターを熱したフライパンでパオごと押し焼きし、熱々のところをいただく。

カッチー・ダベリとともに楽しまれている赤いチャトニーは「ラール・チャトニー(Laal Chutney)」と言うそうだ。
ニンニクにカシミール・レッドチリ・パウダーとローストしたピーナッツ、塩、レモンジュース、ピーナッツオイルを加え、ミキサーにかけるだけ。

完全なレシピは動画でも楽しむことができる。



 

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 Posted on 01 Oct 2019
日本人と顔立ちがよく似た「セブン・シスターズ」北東部の女性、人種差別に立ち上がる Posted on 18 Mar 2017
ムンバイーで、よかれと思った行動でトホホな結末を招いたお騒がせセレブとは Posted on 21 Feb 2021
足裏から脚にかけての1日30分マッサージを日課にして1年経過後のレビュー Posted on 04 Mar 2020


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※2月21日付けのメール、件名「インド政府によるインド入国時の検疫ガイドラインの改訂等」


【ポイント】
●2月17日、インド政府はインドに入国する際の検疫ガイドラインを改訂しました(適用開始は2月22日午後11時59分(インド時間))。これまでの「施設がある空港では、到着時に空港でRT-PCR検査を受けることが可能」とされていた措置が変更となり、一部の例外を除き、出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を事前にデリー空港HPにオンラインで提出しなければ入国することができないこととされていますので、御留意願います。
なお、マハーラーシュトラ州内への入境について、特定州(デリー、ラジャスタン、グジャラート、ゴア及びケララ)からは陰性証明の取得が必要となっておりますので、特にご注意ください。

1 インド保健・家庭福祉省は、2月17日付で、国際線でインドに入国した場合の検疫に係るガイドライン(Guidelines for International Arrivals)を改訂しました(適用開始は2月22日午後11時59分(インド時間))。これまでの「施設がある空港では、到着時に空港でRT-PCR検査を受けることが可能」とされていた措置が変更となり、一部の例外を除き、出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を事前にデリー空港HPにオンラインで提出しなければ入国することができないこととされていますので、御留意願います。

2 この改訂は、新型コロナウイルスの変異株が持ち込まれることを最小化することを目的に行われたものであり、英国や欧州、中東「発」の便に搭乗する者に対する検疫措置を強化するものとなっていますが、日本発を含むその他の国発の便についても、主に以下の検疫措置の変更が行われます。

(1)全てのインドへの入国者は、自己申告書(self declaration form)とともに、出発前72時間以内に受けたRT-PCR検査の陰性証明書を事前にデリー空港HPにオンラインで提出しなければならない。
(デリー空港HP)
https://www.newdelhiairport.in/
※同HP中、右上の「Air Suvidha」からオンラインによる提出が可能です。
(2)ただし、家族の死亡のためにインドに入国する者については、この例外となる。この場合には、インド到着時に空港の指定施設において検査を受けることとなる。
(3)マハーラーシュトラ州内への入境について、特定州(デリー、ラジャスタン、グジャラート、ゴア及びケララ)からは陰性証明の取得が必要となっておりますので、特にご注意ください。
(ムンバイ空港HP)
https://csmia.aero/covid-faqs.aspx
(インド保健・家庭福祉省 入国検疫ガイドライン)
https://www.mohfw.gov.in/pdf/Guidelinesforinternationalarrivals17022021.pdf
 なお、同ガイドラインでは、各州政府は、乗客がそれぞれの州に到着した後に、追加の検疫・停留措置をとり得るとされています。

3 日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。インドへの渡航を検討されている邦人の皆様におかれては、渡航の必要性や時期について慎重に御検討ください。
(新型コロナウイルス感染症に関する皆様へのお願い:当館ホームページ)
https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20210201_Coronavirus_j.pdf
 また、以下のインド内務省入国管理局ホームページに、現在入国できる査証カテゴリーや査証取得手続き、事前の自己申告フォーム等の提出、入国後の自主隔離等、外国人の入国に関するインド政府のガイドラインが掲載されていますので御留意願います。
(インド内務省入国管理局ホームページ該当部分)
https://boi.gov.in/content/advisory-travel-and-visa-restrictions-related-covid-19-1

(各種情報が入手できるサイト)
インド政府広報局ホームページ
https://pib.gov.in/indexd.aspx
インド保健・家庭福祉省公式ツイッター
https://twitter.com/MoHFW_INDIA
インド入国管理局ホームページ
https://boi.gov.in/
在日インド大使館ホームページ
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/index_jp.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ:新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
首相官邸ホームページ:新型コロナウイルス感染症に備えて
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

【問い合わせ先】
 在ムンバイ日本国総領事館領事班
 電話(91-22)2351-7101
 メール:ryoji@by.mofa.go.jp
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments