「空港じゃない成田」の魅力に気づけた2週間の自主隔離生活

 

Posted on 24 Nov 2020 21:00 in トラベルASKSiddhi by Yoko Deshmukh

空港のイメージとは対照的な、のどかで素敵な町、それが成田です。



ホテルの方々は、わたしが接する機会のあったフロントの方々もハウスキーピングの方々も、常時「Ready to help」でマスクの下からでも分かる心のこもった温かな対応をしてくださり、おかげで2週間の自主隔離生活を安心して過ごすことができた。
にわか成田住民となったわたしが急遽、その魅力にハマってしまった「うなりくん」のピンバッジを制服に留めた、フロントのキュートな女性は、チェックアウトの際にどっしりと大きな箱に入った、成田産の芋を使った名物スイートポテトまでお土産にくださった。

海外からの帰国者への対応は、このご時世であればなお、一層の緊張感を強いられるものであったと思う。
皆様には本当に感謝しているし、これから先のご健康とご多幸を、陰ながら心よりお祈りしたい。

極めつけはホテルが成田空港までのシャトルサービスとして無料で運行しているバスの運転手さんだ。
わたしが搭乗予定のピーチ航空は、ターミナルが今年10月以降、かつての第3ターミナル(LLC専用ターミナル)から第1ターミナルに変更となったこと、そのために車は本来の国際線チェックインカウンターのあるターミナル4Fにしかつけられないことを教えてくださっただけでなく、大きな荷物を抱えたわたしが無事に1Fに辿り着けたかどうか、ピーチ航空の自動チェックイン機がある場所まで先回りして待っていてくださり、心底驚いた。

運転手さんは車中で、今年2月くらいまでは、出国前に成田山新勝寺に参拝すべく、空港周辺のホテルに滞在する外国人を含む観光客をたくさん運んできたが、コロナ禍入りして以降ぱったりであること、空港の仕事の9割は蒸発してしまっていることなどを話してくださった。

2週間にわたる、ホテルという非日常空間での自主隔離生活は、長い人生のうちで見ればごく短い期間だが、ホテルの方々はもちろん、ほぼ常夏のプネーから出てきたことを配慮して防寒着を送ってくれるついでに、自宅で焼いたパンや粉末スープ、お菓子などの食料を送ってくれるなどしてくれた実家の母など、周囲の協力があったからこそ楽しく乗り切ることができた。
そして、普段はインドとの行き帰りに通り過ぎるだけだった成田市が、千葉県の中でも東京都から遠く、どちらかと言うとのどかでのんびりとした、住みやすそうな町であることもよくわかった。

ホテルの方々も運転手さんも、「またぜひ帰って来て」と送り出してくださり、次回帰国時の自主隔離時もこちらにお世話になることで決まりだ。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
インドから日本への一時帰国、日本人編 22 Nov 2020
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 01 Oct 2019

14日間の自主隔離生活で気づいたことを軽くメモ 20 Nov 2020
成田空港近くで入国後2週間の自主隔離生活を開始 13 Nov 2020 

-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※11月6日付けのメール、件名「
全日空(ANA)による成田発ムンバイ着臨時便の運航

●全日空(ANA)では、インド航空当局の許可を取得することを前提に、インド政府が設定したエア・バブルに基づく便として、11月28日に成田発ムンバイ行の臨時便を運航することとなりました。なお、今回は成田発ムンバイ行のみ旅客便として運航するため、ムンバイ発成田行きの旅客便の運航はしないとのことです。
●ANAによれば、同便の予約受付・販売は既に開始しているとのことです。
●今回から、航空会社のウェブサイトでの予約受付・航空券購入が可能となっています。
●なお、日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。インドへの渡航を検討される場合は、インドにおける感染状況を踏まえ、渡航の必要性や時期について慎重に御検討ください。また、インド政府の外国人の入国に関するガイドラインに御留意願います。

在留邦人の皆様へ

 全日空(ANA)による成田発ムンバイ着臨時便が運航されることになりましたところ,お知らせします。なお、本件照会については、今までと同様に当館お問い合わせ先(在ムンバイ日本国総領事館、電話: (91-22)2351-7101,
email:ryoji@by.mofa.go.jp)までご連絡いただければ幸甚です。

1 全日空(ANA)では、インド航空当局の許可を取得することを前提に、インド政府が設定したエア・バブル(新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策としてインド政府が実施している国際定期旅客航空便の飛来禁止措置の例外措置)に基づく便として、11月28日に成田発ムンバイ行の臨時便を運航することとなりました。なお、今回は成田発ムンバイ行のみ旅客便として運航するため、ムンバイ発成田行きの旅客便の運航はしないとのことです。

2 ANAによれば、同便の予約受付・販売は既に開始しているとのことです。
 なお、今回から、航空会社のウェブサイトでの予約受付・航空券購入が可能となっています。
 空席状況、航空券の予約・購入方法等については、ANAウェブサイトをご確認ください。詳しくは、ANAにお問い合わせください。
(ANAウェブサイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/

(ANAお問い合わせ先)
ANAムンバイ支店予約担当:bomrsvn@ana.co.jp(営業時間<インド時間>:9:00-18:00)
※英語/日本語での受付となります。
※上記の臨時運航便以外についてのお問い合わせ先は以下の通りです。
電話:     (インド国内)000800-100-9274 ※24時間対応 ※通話無料
        (インド国外)+81-3-4332-6868 ※24時間対応 ※有料

3 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、インド政府よりインド到着旅客に関する情報の提出が義務付けられています。ANAによれば、インドへの航空券を予約・購入された方は、出発の48時間前までに、必ずANAムンバイ支店予約担当に渡航に際し必要な情報の連絡が必要となるため、以下のANAからのお知らせを必ずご確認ください、とのことです。
(ANAからのお知らせ:各地域への入国条件変更/インドへ渡航のお客様へ)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200501/#immigration

4 日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。インドへの渡航を検討されている邦人の皆様におかれては、インドにおける感染状況を踏まえ、渡航の必要性や時期について慎重に御検討ください。
(新型コロナウイルス感染症に関する皆様へのお願い:当館ホームページ)
https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20200929_Coronavirus_j.pdf
また、以下のインド内務省入国管理局ホームページに、現在入国できる査証カテゴリーや査証取得手続き、事前の自己申告フォーム等の提出、入国後の自主隔離等、外国人の入国に関するインド政府のガイドラインが掲載されていますので御留意願います。
(インド内務省入国管理局ホームページ該当部分)
https://boi.gov.in/content/advisory-travel-and-visa-restrictions-related-covid-19-1

(各種情報が入手できるサイト)
インド政府広報局ホームページ
https://pib.gov.in/indexd.aspx
インド保健・家庭福祉省公式ツイッター
https://twitter.com/MoHFW_INDIA
インド入国管理局ホームページ
https://boi.gov.in/
在日インド大使館ホームページ
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/index_jp.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ:新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
首相官邸ホームページ:新型コロナウイルス感染症に備えて
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments