インドコスメでなくてごめんなさい:インドで購入したハイブランドコスメのヒット商品

 

Posted on 18 Jul 2017 23:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

スペースに限りのある自宅で暮らすこと十数年。モノを極力増やさないような生活をしている反動からか、消耗品であるコスメには、つい散在してしまっています。



インドで初めてハイブランドのコスメを購入した。

実はわたしは、部類の化粧品好きだ。
インドと日本の往復時や、海外へ出掛けた時には、免税店をチェックすることは欠かさないし、時間のある時には関心のあるコスメの使用感レポートや、どこが安く買えるかをチェックすることを、気晴らしにしている。

ブランドものであればよい、高ければよいというものでもないことも、財布を痛めながらけっこう学んだ。
とはいえ、あまりメイクをしないわたし、メイク品といえばCCクリームとリップスティックぐらいしか購入するものはない。
どちらも1本あればかなりの期間、持つものなので、ちょっと贅沢なブランド品を買って、ホクホクした気分になっている。

そんな日々、顔の表面ががさつくというか、ごわつくような感触に、密かに悩んでいた。
メイクをしてもスキンケアをしても、なんとなく顔の色ムラや凹凸が気になる。
ふだんは、インドでもAmazonで買える「ビオデルマ」の「サンシビオ」というクレンジングウォーターを、朝の洗顔代わりに使っている。

Bioderma - Sensibio H2O, 250ml - Amazon.in

ある日、やはりゴロ寝しながらコスメ情報をチェックしていたところ、「クリニークの拭き取り化粧水がすごいらしい」という記事をどこかで発見。
さっそく、アットコスメの使用感レポートを見てみた。

クリニーク クラリファイング ローション 2 - アットコスメ

なぬ、これは欲しい。
わたしの現在のガサつき肌に必要なのは、きっとこれに違いない。
クリニークなら、近所のショッピングモール、「Phoenix Marketcity」にも店舗があるからすぐ買えるぞ。

インドのクリニーク・オンラインでさっそく価格をチェック。

Exfoliators and Masks Skin Care - Clinique.in

小さい瓶からお試しするとして、200mlだと1,850ルピーか。
日本の正規店で買うよりも少し安い。
今月、わたしは誕生日だったので、自分への誕生日プレゼントは、これに決まりだ。

かくして、「Phoenix Marketcity」のクリニークへ勇んで出掛けた。
店員さんに、肌質が混合肌~オイリーと伝えたら、上記のクラリファイング・ローション「3」を勧められた。
ついでに、オイリー肌用の乳液、「Dramatically Different Moisturizing Gel」の50ml入り、2,000ルピーも購入。
いま使っているが、初日から顔のざらつきに確かな効果を発揮、使って一週間ほど経った現在、もうひとつの悩みだった肌のベタつきもだいぶ軽減してきた。
シッダールタもクラリファイング・ローションを使ったところ、コットンが真っ黒になった。
だから白シャツの襟がすぐ汚れるんだよ、と諭してシッダールタにも使わせ、なくなったら次は買わせる作戦が密かに進行中だ。

この使用感に調子をよくして、実はもうひとつ、欲しいものがある。
こちらだ。

Turnaround Concentrate Radiance Renewer - Clinique.in

しかしこちらは、日本の正規店で買うよりも割高(日本は30ml入りで5,000円)な上、インドのクリニークで売られている商品は、最近リニューアルした商品に入れ替わっていないようなので、次回の一時帰国時に日本で調達するかもしれない。

ちなみにわたしは日本に帰国する時には、ハイブランド品がお手頃価格で買える「コスメデネット」もよくチェックしている。

なお、好きなブランドの商品を散々調べたところ、こちらもインドで買う方が、日本の正規店で買うよりも割安であることが、現時点で分かっている。

レーヌブランシュ ホワイトニングオーバーナイトケア<医薬部外品> - ロクシタン(日本)
Reine Blanche Whitening Sleeping Mask - ロクシタン(インド)

こちらは昨年ごろ、日本のAmazonで正規店よりも安く入手できたので使用したことがあって、香りや使い心地がわたしの好みに合っていて、翌朝の肌の状態もとてもよかったので、気に入っていた。
現在、日本で購入した別のクリームを使っているので、それがなくなったらインドのロクシタンで買うかも。






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments