ひとりサリー部、コツコツと

 

Posted on 09 Jul 2021 21:00 in ASKSiddhiのひとりごと by Yoko Deshmukh

自分比でうまく行った時しかアップしていません。願わくば毎日のようにアップできますように。



実は地味にサリー活動は続けている。

いまだ、ほとんど人に会いに行くことはないので(これはコロナとはちょっと関係ない、わたしの性格によるものでもある)、少し時間に余裕のある日、ふらり出掛ける予定がある時に、前日からトップスとの組み合わせなどを頭の中でシミュレーションし、ニキータさんの動画で予習して、着付けて外へ勇み出る。
 


「Chidiyaa」で購入した綿サリーである。
フェリシモで入手した綿麻混紡の長め丈カットソーの袖部分がヒラヒラで、サリー映えしそうだったが大正解、快適な着心地だった。
左肩パッルー部分は、母の手を借り安全ピンで留めてある。

巻き方とトップスとの組み合わせさえ工夫すれば、通行人はわたしがサリーを巻いて歩いていることになどほとんど気づきもしないだろう。
確かに蒸し暑い福岡ではちょっと暑く感じるが、そこはユニクロや無印良品のペチパンツが大活躍してくれている。

なお、素材は綿だけど、先日フェリシモでいい感じにサリーにレイヤーできそうなボトムスを見つけた。
 


こちらも近日中に入手して試してみたい。

※オンラインサリー会のメンバーは随時、ゆる募中です。

オンラインサリー会はいかが☆ Posted on 30 Jun 2021

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
デリー高裁、地域犬たちの保護は市民の義務とする判決 Posted on 05 Jul 2021
友人、インドのミルトン水筒に魅せられる Posted on 02 Jul 20211
世界最悪の交通渋滞は、あの都市:ほかワースト10にインド4都市 Posted on 30 Jan 2020
新たな出会い:ポップでモダンなアジュラック布の作品を紹介するブランド Posted on 05 Jul 2020


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※6月25日付けのメール、件名「海外在留邦人等の一時帰国時の新型コロナ・ワクチン接種事業の開始」


●日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としてワクチン接種を本年8月1日から開始します。

1 日本に住民票を有しない海外在留邦人等の皆様の中で,日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する方々を対象としたワクチン接種事業を,本年8月1日から開始します。終了時期は2022年1月上旬を予定していますので,フライト等制約がある中で計画的にご準備ください。
 詳細については,外務省HP内の以下の特設ページに記載しておりますので,御関心のある方は以下のURLからご確認ください。
 URL:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html 
 本件事業について質問がある方は,まずは上記特設ページ内にある「よくある質問」コーナーをご一読ください。

 2 なお,本件事業の対象者は以下の条件を全て満たす方ですのでご注意ください。
-在留先におけるワクチン接種に懸念等を有している日本人又は一部の再入国出国中の外国人(対象範囲は上記外務省HPの特設ページでご確認ください。)
-日本国内に住民票を有していない方
-接種を受ける日に12歳以上である方
※海外在住でも日本国内に住民票を有する方は自治体による接種の対象となるため,本事業の対象外となります。また,現時点では日本国内に住民票を有していない場合であっても,帰国時に転入届を提出し,住民票登録を行う場合は,登録先の自治体による接種事業の対象となるため,本事業の対象外となります。本事業は,日本国内に住民票を有しないため,自治体によるワクチン接種を受けることができない方を対象としています。住民票を有する方や転入届を提出した方については,各自治体からのワクチン接種に関する案内をご参照ください。

【問い合わせ先】
在ムンバイ日本国総領事館・領事班
電話(91-22)2351-7101
メール ryoji@by.mofa.go.jp
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments