インド共和国記念日、全国朝食パレード☆

 

Posted on 26 Jan 2021 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

わたしたちの豊かな朝食や食生活も、農民の方々の重労働なくしてはあり得ません。



本日、72回目の共和国記念日(インド憲法記念日)を迎えたインド。
「NDTV」電子版が、国内各地の定番朝食を集めた「ブレックファスト・パレード」を展開していた。

Republic Day 2021: 10 Traditional Breakfast Recipes From 10 Different States Of India

こうして見ると、津々浦々まさに色とりどりの食文化を持っている。
なお、元記事にはそれぞれレシピへのリンクも貼ってある。

パンジャーブ州: アールー・パラータ
茹でてマサラで味付けし、潰したジャガイモを詰めて焼いたパラータは、熱々が命。

ウッタルプラデーシュ州: ベドミ・プーリとアールーのサブジ
ベドミ(Bedmi)とは〇というダル(豆)を詰めた揚げパン(プーリ)とのことで、喉が渇きそうなコンビネーションだな。

ラージャスターン州: ピャーズ・キ・カチョリ(PyaazKi Kachori)
カチョリとはマイダ(Maida)が一般的なプーリでなく雑穀をブレンドした生地の揚げパンで、サクサクした食感が特徴。
マハーラーシュトラ州でも東部では豆系のフィリングのものが好まれている。
ピャーズ・キ・カチョリは、中の具がスパイシーな玉ねぎとのことで、これは食べてみたい。

西ベンガル州: ルチ(Luchi)
ベンガル風プーリで、ヒヨコマメで作るチョラール・ダル(Chholar dal)と組み合わせて食べる。

ビハール州: サットゥ・カ・パラータ(SattuKa Paratha)
サットゥ(sattu)とは
焼きナスを潰して炒めるベイガン・バルタ(baingan bharta)と食べる。

マッディヤ・プラデーシュ州: ポーハとジャレビ
茹でたコメを乾燥させたものを水に戻して炒めるポーハ(poha)、マッディヤ・プラデーシュでは甘さ痺れるジャレビと一緒に食べるんだな。

マハーラーシュトラ州: カンダ・ポーハ
同じくポーハを、マハーラーシュトラ州ではタマネギ(カンダ)やピーナッツなどと一緒に炒め、仕上げにコティンビル(コリアンダーリーフ)を散らして食べる。

グジャラート州: ドークラ
ベッサン(チャナ豆の粉)を原料とする塩味の蒸しパンで、甘いシロップをかけて食べる。

カルナータカ州: ニール・ドーサ
「Neer」とは「水」を意味し、その名のとおり薄くて柔らかいドーサ(米粉のクレープ)。

ケーララ州: アッパム
これも米を主原料とする生地を薄く蒸し焼きにしたクレープ。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 Posted on 01 Oct 2019
効果てきめん、ターメリックとヨーグルトを混ぜる美顔法:くれぐれも入れすぎには注意! Posted on 25 Jul 2017
あのボリウッド女優も支持する、女性による女性のためのブランド Posted on 19 Jan 2021
アメリカの新政権ではインド系や南アジア系の頭脳を多数採用か Posted on 18 Jan 2021


-----
なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※12月23日付けのメール、件名「
全日空(ANA)による成田ムンバイ間の臨時便運航

【ポイント】
●全日空(ANA)では、インド航空当局の許可を取得することを前提に、インド政府が設定したエア・バブルに基づく便として、1月16日に成田発ムンバイ行、1月17日にムンバイ発成田行の臨時便を運航することとなりました。
●ANAによれば、同便の予約受付・販売は12月24日(木)11:30(インド時間)から開始予定とのことです。
●こちらの便は航空会社のウェブサイトでの予約受付・航空券購入が可能です。
●なお、日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。インドへの渡航を検討される場合は、インドにおける感染状況を踏まえ、渡航の必要性や時期について慎重に御検討ください。また、インド政府の外国人の入国に関するガイドラインに御留意願います。

在留邦人の皆様へ

 全日空(ANA)による成田ムンバイ間の臨時便が運航されることになりましたところ,お知らせします。なお、本件照会については、ANAお問い合わせ先までご連絡いただければ幸甚です。

1 全日空(ANA)では、インド航空当局の許可を取得することを前提に、インド政府が設定したエア・バブル(新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策としてインド政府が実施している国際定期旅客航空便の飛来禁止措置の例外措置)に基づく便として、1月16日に成田発ムンバイ行、1月17日にムンバイ発成田行の臨時便を運航することとなりました。

2 ANAによれば、同便の予約受付・航空券購入は12月24日(木)11:30(インド時間)から開始予定とのことです。なお、空席状況確認や航空券の予約・購入方法等はANAウェブサイトをご確認ください。詳しくは、ANAにお問い合わせください。
(ANAウェブサイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/

(ANAお問い合わせ先)
ANAムンバイ支店予約担当:bomrsvn@ana.co.jp(営業時間<インド時間>:9:00-18:00)
※英語/日本語での受付となります。
※上記の臨時運航便以外についてのお問い合わせ先は以下の通りです。
電話:     (インド国内)000800-100-9274 ※24時間対応 ※通話無料
        (インド国外)+81-3-4332-6868 ※24時間対応 ※有料

3 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、インド政府よりインド到着旅客に関する情報の提出が義務付けられています。ANAによれば、インドへの航空券を予約・購入された方は、出発の48時間前までに、必ずANAムンバイ支店予約担当に渡航に際し必要な情報の連絡が必要となるため、以下のANAからのお知らせを必ずご確認ください、とのことです。
(ANAからのお知らせ:各地域への入国条件変更/インドへ渡航のお客様へ)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200501/#immigration

4 日本外務省はインドについて「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」の感染症危険情報を発出しています。インドへの渡航を検討されている邦人の皆様におかれては、インドにおける感染状況を踏まえ、渡航の必要性や時期について慎重に御検討ください。
(新型コロナウイルス感染症に関する皆様へのお願い:当館ホームページ)
https://www.in.emb-japan.go.jp/PDF/20200929_Coronavirus_j.pdf
また、以下のインド内務省入国管理局ホームページに、現在入国できる査証カテゴリーや査証取得手続き、事前の自己申告フォーム等の提出、入国後の自主隔離等、外国人の入国に関するインド政府のガイドラインが掲載されていますので御留意願います。
(インド内務省入国管理局ホームページ該当部分)
https://boi.gov.in/content/advisory-travel-and-visa-restrictions-related-covid-19-1

(各種情報が入手できるサイト)
インド政府広報局ホームページ
https://pib.gov.in/indexd.aspx
インド保健・家庭福祉省公式ツイッター
https://twitter.com/MoHFW_INDIA
インド入国管理局ホームページ
https://boi.gov.in/
在日インド大使館ホームページ
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/index_jp.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ:新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
首相官邸ホームページ:新型コロナウイルス感染症に備えて
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html
=== 転載終わり ==


☆本日の1曲☆

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments