ラジャスターン州に足止めの労働者たちによる、善意の返礼

 

Posted on 23 Apr 2020 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

時には、驚くほどシンプルな思考の中に、人としての本質が垣間見えることがあります。



プネーのわたしの住むエリアでは、ネットスーパーで欲しいものを買おうとしても、相変わらず注文可能なスロット(時間帯)がなかなか空かず、生活必需品ですらまったく買い物ができない。
「宅配しているよ」とYさんに教えていただいたフランス人経営のパン店も、注文してみたがうんともすんとも応答がなく、結局いまだに音信不通だ。
では、レストランのフードデリバリーはどうかと言うと、ほかでもないプネーで、ピザの配達人が感染しており、受け取った家族も全員感染との報道があったため、こちらも慎重になっている。

行きたいところへ行けないだけでなく、食べたいものすら食べられないのは辛いが、お金はほとんど使わなくて済んでいるのも事実なので、不満をブーブー言うよりも、その日の食事にも困っている人に少しでも足しになればと、ダッバー・ワーラー協会や、友人の運営するNGO団体やなど、気づいた時に少額ずつ寄付している。

便利さや「生活の質(Quality of Life)」などという言葉に慣れ過ぎて、これまで当たり前としてきた生活に少しでも乱れが生じると、まるでこの世の終わりのように考えてしまいがちな、弱いわたしである。
そんなわたしに、インドはいつだって教訓を与えてくれる。
例えば、昨晩のニュース番組で報じられていた次の話題だ。

Covid-19 lockdown: Migrant workers paint Rajasthan school to express gratitude

先月22日から突然宣言された全土封鎖と、これに伴う鉄道や長距離バスの運休により、突如として帰宅できなくなり、その場にとどまるしかなくなってしまった日雇い労働者たちが大勢いる。
ラジャスターン州に取り残された労働者たちも、そうした「被害者」たちのはずだった。

同州の州都ジャイプールから90キロメートルほどのところにあるパルサナ(Palsana)という村の学校にも、他州からの労働者たち54人が保護され、食事などの支援を受けていた。
しかし、「俺たちは労働者だ。何もせずに座っていたらそっちのほうが病気になっちまう」(ハリヤーナー州出身シャンカル・スィン・チョウハンさん)と立ち上がり、先週から老朽化していた小学校の建物の修繕と塗装に取り掛かっている。

とは言え、その真意として「村の人たちにとても親切にしてもらった。だから何かお返しをしたかった」のだと付け加えている。

なお、現状に何ら役立つ情報をご提供できていない「ASKSiddhi(アスクスィッディ)」なので、せめて「在ムンバイ日本国総領事館」より日々発信されている州内の状況や州政府による措置に関する最新情報を、今後はこちらにも転載させていただきたい。

=== 以下、同掲題メールの転載 ===
※4月19日付けのメール、件名「インドにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起(ビザ延長手続きの無料化期間延長ほか):在インド日本国大使館」

●インド政府によると,4月18日現在のインド国内感染者の合計は14,792例(死亡488例)となっています。
●インド政府は,5月3日までの間に失効するインド滞在中の外国人の査証の5月3日までの延長手続きを無料化する旨発表しました(注:従来は4月30日までが対象期間とされていたもの)。延長を希望する場合は,管轄する外国人登録事務所(FRRO/FRO)にオンラインで申請する必要があるとのことです。
また,査証を5月3日まで延長した外国人が,5月3日から5月17日の間に出国する場合は、超過滞在等の不法滞在の罰則の対象とはならないとのことです。
●各州政府は感染ホットスポット周辺を封じ込めゾーン(containment zone)及びバッファーゾーン(buffer zone)に指定し,完全封鎖措置(家・敷地から外出することを禁止)をとっています。今後もホットスポットは増える可能性があるところ,邦人の皆様におかれては,州政府発表や報道等でご確認の上,行動にご注意下さい。

在留邦人及び短期渡航者の皆様へ

昨19日夜,在インド大使館が管轄内の在留邦人あてに以下の領事メールを発出したので,お知らせします。

1 インド政府によると,4月18日現在のインド国内感染者の合計は14,792例(死亡488例)となっています。州ごとの内訳等は以下をご覧ください。
https://www.mohfw.gov.in/node/4904/

2 インド政府は,5月3日までの間に失効するインド滞在中の外国人の査証の5月3日までの延長手続きを無料化する旨発表しました(注:従来は4月30日までが対象期間とされていたもの)。延長を希望する場合は,管轄する外国人登録事務所(FRRO/FRO)にオンラインで申請する必要があるとのことです。
また,査証を5月3日まで延長した外国人が,5月3日から5月17日の間に出国する場合は,罰則の対象とならないとのことです。

外国人登録事務所(FRRO/FRO)の申請先URLは下記になります。
https://indianfrro.gov.in/eservices/home.jsp

(インド政府広報局ウェブサイト関連部分)
https://pib.gov.in/newsite/PrintRelease.aspx?relid=202346

3 各州政府は感染ホットスポット周辺を封じ込めゾーン(containment zone)及びバッファーゾーン(buffer zone)に指定し,完全封鎖措置(家・敷地から外出することを禁止)をとっています。今後もホットスポットは増える可能性があるところ,邦人の皆様におかれては,州政府発表や報道等でご確認の上,行動にご注意下さい。
封鎖措置の対象となる地域においては,市民は外出せず,生活必需品についても店頭ではなくデリバリーで調達することが求められています。

4 在留邦人,インドご滞在中の皆様におかれては,以下の点にご注意の上,最新情報の入手に努めてください。今般の新型コロナウイルス拡大に伴うインド政府のロックダウン措置により邦人の皆様の中で困っていることや悩んでいることがあれば,本メール末尾の大使館問い合わせ先にご連絡ください。
(1)中央政府及び地方政府が感染予防のための措置を強化する方向にあり,制度が突然変更される可能性もありますので,十分注意して行動してください。
(2)在インド日本国大使館では在留邦人の皆様からの保健相談を受け付けるための窓口を設置しています。
jpemb-hokensoudan@nd.mofa.go.jp
ご利用に際しての詳細は,以前の領事メールをご覧ください。
(3)インド政府は,全国におけるロックダウン措置を実施しています。警察による取締りが強化されていますので,十分ご注意ください。なお,この措置を受け,領事業務を含め大使館の業務が今後限定的になる可能性があります。
(4)ご自身や周囲の人の感染予防のため以下の点にご注意下さい。
・アルコール系手指消毒薬または石鹸と流水による手洗いを頻繁に行う。目,鼻,口などに触れる前に手洗いをする。
・咳やくしゃみがあるときはマスクを着用して鼻と口を覆う。マスクがない場合は,咳やくしゃみのときに口と鼻をティッシュなどで覆い,手洗いを行う。

(各種情報が入手できるサイト)
インド政府広報局ホームページ
https://pib.gov.in/indexd.aspx
インド保健・家庭福祉省公式ツイッター
https://twitter.com/MoHFW_INDIA
インド入国管理局ホームページ
https://boi.gov.in/
在日インド大使館ホームページ
https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/index_jp.html
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ:新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
首相官邸ホームページ:新型コロナウイルス感染症に備えて
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び旅レジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在ムンバイ日本国総領事館・領事班
電話(91-22)2351-7101
メール ryoji@by.mofa.go.jp

=== 転載終わり ===

本日最も読まれている記事
IMF初のチーフエコノミストに就任したギータ・ゴピーナート氏のあれこれ 05 Oct 2018
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
「なんにもない退屈な日常」だったあの頃のプネー 19 Apr 2020
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 01 Oct 2019
おっかないイメージが一新、州首相としてコロナ禍を仕切るシヴ・セーナー党首 15 Apr 2020
※IMFチーフエコノミストのゴピーナート氏による、今後の世界経済成長率に対する新見解(The Great Lockdown)が発表された影響か。参照: The Great Lockdown_ Worst Economic Downturn Since the Great Depression – IMF Blog

 






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments