ロンリープラネット「2019年に訪れるべき10の場所」にグジャラート州

 

Posted on 24 Oct 2018 21:00 in トラベル・インド by Yoko Deshmukh

モーディーさん、そんな大金はたかなくても、そのままで魅力がいっぱいなのに。



※写真はグジャラートでなくて今月訪れたパトナで、ガンガーに建設中の新しい橋。
 

世界で最も有名な旅行ガイドブックの「ロンリープラネット(Lonely Planet)」が発表した、「2019年に訪れるべき10の場所」を発表、7位にグジャラート州が入っている。

Top 10 regions to visit in 2019 - Lonely Planet

マハートマー・ガーンディー生誕150周年だった今年、同じくグジャラート出身者であるナレンドラ・モーディー(Narendra Modi)首相は15億ルピーもの予算を組んで記念事業を計画している。

もちろん、このような特別事業がなくとも、グジャラート州には魅力的な観光地がたくさんある。

例えばカッチ湿原の塩湖は見応え満点だ。

ウユニを超える? インドの塩の湖が壮大で美しい!! - ティラキタブログ

またアーメダーバードをはじめとする階段井戸も外せない。

美しきグジャラート 階段井戸とシャトルンジャヤ巡礼 - 西遊旅行

国内最大級の国立公園のひとつ、ギール国立公園にも行ってみたい。

天文学を取り入れた一糸乱れぬ幾何学的な設計が圧倒的な迫力を誇る、ソームナート寺院もある。

82.ロミラ・ターパル『ソームナート 歴史の夥しい声』Romila Thapar, Somanatha The Many Voices of a History, first published in Viking by Penguin Books India 2004. - インド小説に万歳三唱

なお、ガーンディーが最初の主な拠点としていたサバルマティ・アーシュラムには昨年、安倍首相も訪れている。

安倍総理大臣のサバルマティ・アシュラム訪問 - 外務省

なお、元ネタの「Lonely Planet」電子版記事で6位につけていた「ロシア極東地域」も、個人的に非常に気になっている。

本日よく読まれた記事
容姿に強烈なインパクトのある難病で生まれた女性とその家族の物語 21 Oct 2018 
プネーの国際交流ティーパーティーは10月21日(日): Meet Me at Pune International Tea Party on 21st Oct. Sunday 16 Oct 2018​​​​​​​
夜遅くムンバイーに到着した時の救世主?国際空港周辺のホテル 20 Oct 2018 

ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016
ティーパーティ2018年10月、ご報告: Pune Tea Party 2018 October, the Report 22 Oct 2018​​​​​​​

 





          



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments