ケーララ州洪水で、土砂崩れの危機から家族を救った飼い犬のロッキー

 

Posted on 13 Aug 2018 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

持つべきものは犬の友です。



ケーララ州では雨季の激しい降雨の影響による鉄砲水や洪水が発生し、12日の時点で死者37人、3万6,000人あまりの人が避難を余儀なくされている。

そうした中、最も深刻な影響を受けているイドゥッキ(Idukki)県のカンジクズィー(Kanjikuzhy)という村で、飼い犬が家族を土砂崩れの危機から救ったことが話題になっている。
「NDTV」電子版が伝えた。

How A Dog Saved A Kerala Family From Devastating Landslide - NDTV

飼い主のモハナンさんによると、家族が寝静まっていた午前3時に飼い犬のロッキーが突然大声で吠え始めた。
それでも無視して眠っていると、今度は遠吠えになり、その声が異様な悲痛さを帯びていることを察知したモハナンさんは、ロッキーの様子を見ようと外へ出た。
すると家の裏の崖が降り続いた雨で緩み、今にも崩れそうになっていることに気づいた。

差し迫った危機に慌てて家族全員を起こして飛び出し、土砂に家が押し流される間一髪のところで命が助かったという。

ロッキーと家族はその後、州が派遣した救助隊に救出され、避難生活を送っているようだ。
 





  



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments