バンコクで出会った、傘の女性のこと

 

Posted on 03 Aug 2022 21:00 in トラベルASKSiddhi by Yoko Deshmukh

心優しい女性に大きな幸あれ。



所用と観光を組み合わせて、タイを弾丸訪問していた。
うちバンコクではBTSプロンポン(Phrom Pong)駅から徒歩5分という利便性に惹かれ、アコースティックピアノ練習用スタジオにも2、3日だが通った。



 

現在のプネーと同じく、タイも雨季ただ中のようで、バンコクでも日中たびたびスコールに見舞われた。
すぐ止む場合もあるが、立ち往生してしまうこともあり、そんな日がスタジオ訪問時にも当たったことがある。

ところで日本のドコモ(docomo)発行のSIMカード(Ahamo)を挿したスマートフォンを海外ネットローミング用にと持参していたが、タイでは4G接続にしていても速度が非常に遅く、ほとんど使い物にならなかった。

しかしスタジオではWi-Fiにつながせてもらっていたので、「雨が止むまでは次の目的地への経路でも検索しよう」とカバンの中のスマートフォンをゴソゴソと探っていたところで、すっと差し出される手が見えた。

顔を上げると、先ほど入口を丹念にモップがけしていた女性が、かわいらしい折り畳み傘を握っていて、貸してくれると言っているようだ。

ありがたいが「あなたが困るのでは」と辞退したものの、「どうぞ使ってください、明日返してくれればいいから」と言う。

一見して観光客と分かる風貌だろうし、明日もスタジオを訪れる保証はないのに、その無条件の親切がとてもうれしく、温かかった。

翌日、ささやかなお礼にとコンビニで調達したキャンディー袋たちとともに、傘を返しにスタジオを訪れた時には、時間帯が違っていたからか女性に再会することはできなかった。

だからせめてこの場をお借りして、改めて「ありがとうございます」と言いたい。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 Posted on 16 Sep 2019
プネーでほぼ3年ぶりのティーパーティー☆ Posted on 25 Jul 2022
インド中華に迷いそうになったら、ハッカヌードル食べ比べはいかが Posted on 26 Oct 2017
アスファルトも溶ける!?猛暑のグジャラート州で人を飲み込む道路 Posted on 26 May 2016
気になるタミル語ウェブシリーズ「Meme Boys」 Posted on 26 Jul 2022


本日の練習






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments