中国政府、チベットとネパールを結ぶ国際鉄道の建設を発表

 

Posted on 22 Jun 2018 21:00 in インドあれこれ by Yoko Deshmukh

時代は刻々と変化しつつあります。



中国が、チベット西部とネパールを結ぶ鉄道を建設することを発表した。
NDTV電子版が中華日報の報として伝えた。

China To Build Railway Into Nepal: Reports - NDTV

現在、中国を訪問中のカドガ・プラサード・シャルマ・オリ(Khadga Prasad Sharma Oli)ネパール首相と習近平・中国共産党主席との間で調印された二国間取引のうちのひとつとされている。

中華日報によれば鉄道は、チベットのシガツェ市とネパールの首都カトマンドゥとの間を結ぶものとみられる。

また21日に中国政府ウェブサイトに掲載された情報によると、二カ国は技術や輸送、インフラ、政府間協力を含む、10以上の合意に調印、航空、港湾、高速道路、電気通信での協力を通じ、「ネパールの筆頭課題(オリ首相)」である「ヒマラヤ横断接続網(cross-Himalayan connectivity network)」の構築を模索している。

ただしネパールは最近、中国国営企業Gezhouba Groupとの間で25億ドルで締結した、西部に水力発電設備を建設するプロジェクトを破棄している。
また同じく中国国営企業のThree Gorges Project Corporationとの間で締結した、ネパールの西セティ(West Seti)水力発電所の建設プロジェクトについても、中国側により有利な条件で交渉が進められているとして関係者による懸念が表明されている。
 





      



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments