新たなる混乱の始まったインドから、インド人がヴィザなし渡航できる国々

 

Posted on 05 Apr 2017 23:00 in トラベル・インド by Yoko Deshmukh

話して分かりそうもないからって、いきなり行動っすか。



※ポルトガル・シリーズ。
リスボンのコメルシオ広場付近から。
 

飲酒運転を原因とする交通死亡事故の多発を食い止める対策の一環として、インド最高裁が下した判決により、ハイウェイ上に店舗を構えるレストランは、ファイブスターホテル内のバーであってもすべて、一切のアルコール類を提供することが禁じられてしまった。
これを受けて、巷には新たにざわっとした騒動が巻き起こっている感じだ。

To skirt Supreme Court’s liquor ban, some state highways give way

州によっては、これまで「ハイウェイ」と呼ばれていたところを「インターシティ・ロード」などと言い換えたりして、なんとかこの的外れで乱暴な命令から逃れようとしている。

プネー最大のショッピングモール、フェニックス・マーケットシティ(Phoenix Marketcity)もよりによってハイウェイ上に建っているため、本日たまたま出掛けてみたら、モール内のレストランは軒並み「酒類の提供不可」になっていた。
ランチを取ったレストランのボーイさんに、「商売、大変じゃないですか。お酒の収入って大きいでしょ」と訊ねたら、「大変なんてもんじゃないよ。しかしなんらかの方法は考えてますよ」との回答。
ループホールがあるっての?

人命を尊ぶのは当然のことなんだけど、他のやり方はなかったのかなぁ。
まぁ、交通規則を厳格化したところで、それを日本人のようにまじめ~にきちんと遵守するような人たちじゃないし、徹底するには数十年は軽くかかりそうだな、というのも分かる気がする。
インドは一体、どこへ向かおうとしているのか。

心置きなく酒を飲みたければ(?)海外へ出掛けるしかないのかも、ということで、シッダールタさんのようなインド・パスポート所持者でもヴィザなしで渡航できる国が世界に46カ国もあることを、おなじみ「The Better India」が伝えていた。

Late In Vacation-Planning? With An Indian Passport, You Can Travel Visa-Free To 49 Countries!

記事によれば、今年発表されたグローバル・パスポート指数(Global Passport Index)では、インド人の旅行の自由度は全世界中78位にランク付けされている。
2017年1月現在、インドのパスポート所持者がヴィザなしまたは到着時ヴィザで渡航できる国は、以下の46の国と地域となっている。
※The Better Indiaでは「49の国と地域」と書いているが、何度数えても46だった。3カ国もサバ読んじゃったのね。

ブータン、ボリビア、カンボジア、カーボベルデ共和国、コモロ諸島、コートジボワール、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、エチオピア、フィジー、グレナダ、ギニアビサウ、ハイチ、インドネシア、ジャマイカ、ヨルダン、ケニア、ラオス、マカオ、マケドニア、マダガスカル、モルジブ、マーシャル諸島、モーリタニア、モーリシャス、ミクロネシア、モザンビーク、ネパール、パラオ、パレスチナ自治区、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、サモア、セネガル、セイシェル、セントビンセント・グレナディーン、スリナメ、タンザニア、タイ、東ティモール、トーゴ、トリニダード・トバゴ、ツバル、ウガンダ、バヌアツ

意外と行ける国が多いようだな。
特にボリビアには、いつか行きたいな。
あとカーボベルデっていう国のことは初めて知った。
これら46カ国を、しらみつぶしにまわってみたら、世界のことが分かったような気になるかな。






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments