扉をくぐるとそこはマレーシア、チェンナイの「Nasi Kandar Pelita」

 

Posted on 25 Jan 2020 21:00 in ASKSiddhi独断うまい店 by Yoko Deshmukh

まったく予想外の遭遇でした。次は大好きな「Roti Susu」を特注してみようかな。



チェンナイに到着し、記念すべき1食目をどこで取るのか。
ホテル近くで気になるところを、いろいろ探した。



Amma Chettinadu Restaurant
 


Buhari Hotel
 

ただ、昼食を取ったのが遅い時間だったので、がっつりミールス系は敬遠したかった。
そこでたまたま見つけた、こちらの「東南アジア系」を謳う食堂に興味を引かれ、探訪することにした。

Nasi Kandar Pelita Halal Malaysian Cuisine
No. 16, 17 & 18, Appaswamy Towers, Sir Thyagaraya Road, T Nagar, Chennai, Tamil Nadu 600017
044 2433 5759



 

なんとこちら「東南アジア系」どころか、ガチにクアラルンプールに本店のある本場マレーシア料理店だった。
偶然の遭遇に心を躍らせ、駆け付けたわけである。



メニューは完全マレーシア世界。
あの国民的スポーツ飲料、「100 PLUS」も。



「アイスカチャン」だってある。
 


チェンナイは唯一の海外店なのか。
 


ビーフン・ゴレンは炭火焼のジューシーな鶏肉がたっぷり入って絶品。
 


サーディン・ムルタバもあり。
マレーシアで食べた味そのままだ。
 

マレーシアやシンガポールにタミル料理店があるのは分かるが、チェンナイに本場チェーンのマレーシア料理店があるのは、マレーシア人在住者が多いということなのだろうか。
たしかにこの日、客のほとんどはインド人だったものの、隣のテーブルではマレーシア人一家と思しき人々が食事していた。
ちなみにチェンナイには、マレーシア総領事館もある。

普通のサウスインディアンとかビルヤーニー、北インド料理も提供している。
もちろん使っているのはハラールミートなので、テイクアウトを含めて地元チェンナイの方々と見られるイスラーム教徒のお客さんも多く、とにかく店内はとても活気があった。

なお、マレーシア語でNasi = rice、Kandar = sabji、Pelita = diya、と給仕のおやっさんは教えてくれたが、福岡のAyumiしゃんが教えてくれた情報によると、どうやら「Kandar」の本当の意味は異なるようだ。
恐らく、この「Kandar」で売られているものがサブジっぽいこともあり、だいぶ意訳して伝えてくれたのだろう(確かに説明に苦労している様子でもあった)。

※コンデンスミルクのかかった甘くておいしい「Roti Susu」、この店では「Roti Boom」という名前で裏メニュー登録されているようだ。
給仕のおやっさんはとても愛想がよく、マレー語にも若干通じているようで、(「Roti Susu」などとツウぶった注文をしたわたしに)「君はマレーシア人か」などとツッコミを入れてくれた。

マレーシア本場の味を、現地よりも安めで楽しめる、幸運な出会いとなった。

本日最も読まれている記事
購入後半年で故障したフォッシルのスマートウォッチを巡る、意外な顛末 16 Sep 2019
MF初のチーフエコノミストに就任したギータ・ゴピーナート氏のあれこれ 05 Oct 2018
インド人の平均寿命と、女性の伸び率鈍化 01 Oct 2019

ハイダラーバード出身、MBA持ちのインテリなイケメン運転手モハンラージュさんの物語 22 Jan 2020
ポルトガル鉄道のインターネット事前切符予約 26 Oct 2016

 





          



About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments