ミシェル・オバマ米大統領夫人、インド人デザイナーの服で颯爽と

 

Posted on 04 Feb 2015 13:17 in インドの政治 by Yoko Deshmukh

ミシェル夫人は花柄がお好きだそうです。とってもお似合いです。



先月26日の共和国記念日パレードに合わせ、バラク・オバマ米大統領とともに主賓として招待されていたミシェル・オバマ夫人は、インド人デザイナーの服に身を包んで公の前に姿を見せた。
NDTVほかメディアが報じた。
 
3日間の訪問でインドを訪問したオバマ夫人は、いずれもビブー・モハパトラ(Bibhu Mohapatra)がデザインした、中央にブルーの花のモチーフをあしらい、白と黒の幾何学プリントを散りばめた膝丈のドレスに、袖部分に同じ花柄プリントをあしらった黒地のケープコートを合わせ、デリーのパラム空港(Param Domestic Airport)に大統領とともに颯爽と降り立った。
 
ビブー・モハパトラは現在ニューヨークを拠点に活躍する、オディシャ州ロウケラ出身のインド人デザイナーで、ボリウッド女優のカリーナ・カプール(Sonam Kapoor)やソナム・カプール(Kareena Kapoor)にも支持されている。
 
オバマ夫人はこれまでにも、ナイーム・カーン(Naeem Khan)、レイチェル・ローイ(Rachel Roy)といったインド系アメリカ人デザイナーの服を好んで着ていることで知られていた。

*Photo courtesy: PTI






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments