本日48歳の誕生日だった「Shaggy」さんが、プネでライブ

 

Posted on 22 Oct 2016 23:45 in エンターテインメント by Yoko Deshmukh

この記事は、ライブの興奮冷めやらぬお誕生日当日22日の夜半に作成しています。数日のうちに、ライブの様子を伝える写真やビデオなども追加する予定なので、よろしかったら、またこちらのページを見に来てください。



3日ほど前、シッダールタさんがたまたま見つけたのは、レゲエ・ミュージシャン「Shaggy(シャギー)」が全インド・ライブで来プネするという情報。
シッダールタさんはレゲエが大好物だから、「これは行かねば」とさっそくチケットを手配することにした。
昨日プレ・ディワリのパーティに招待してくださった「Pune Expat Club」のつてで、近くからShaggyさんを拝めるVIPエリアを、通常よりも安い1名2,000ルピーで手に入れることができたので今晩、行ってきた。

実は「シャギー」とは誰ぞやを知らなかったわたし。
ネットで軽く事前リサーチをして、1996年のグラミー賞レゲエ部門アルバム「Boombastic」が最優秀賞を受賞したことや、「ああ、あの曲や、この曲を歌っていた人か」と、なんとなく把握した状態でライブに臨んだ。
会場は昨日のパーティと同じ「Phoenix Marketcity」の中庭特設スペースで、混み過ぎずほどよい具合に人が集まっており、しかも若い世代が多いことに軽く驚いた。
シャギーのコスプレっぽくレゲエ風ファッションに身を包んだ若者も、またインド人だけでなく外国人もたくさん来ている。

開演は午後9時。
前座では、ゴアで活躍するミュージシャンの「シルヴィア(Silvia)」さんがノリのよいヒップホップやポップスを披露してくれたが、音響がアンバランスで聞きづらく、実は一抹の不安をおぼえていた。

ところが、みんなが待ちに待ったシャギーが大歓声とともに登場するや、音響も何もかもいつの間にかパーフェクトに。
思いのほか近くから見ることができた生のシャギーさん、比較的小柄ながら、大きく開いたシャツから覗く、鍛え上げられ、しなやかに動く肉体と、お茶目なお顔のアンバランスが、すげえかっこよかった。
そして世界的アーティストだけあって、MCの声と歌う時の声が全然違っていて耳に心地よく、ストレートにメッセージが伝わった。

「俺は今日、何のためにジャマイカからプネくんだりまで来たかって?いい女に会うためさ!」という叫びに会場はどっと沸いたが、これはインドにおける女性の尊重を訴えるシャギーなりのメッセージかな、と深読みした。

あとはパフォーマンスの合間に、「盛り上がりが足りないぜ」とか、「もっと声を出して」とか言いたいとき、片側の眉だけをぴっと斜めに釣り上げる表情が、「顔がつりそう」と心配になりつつも印象的だった。
もうがっちりハートをつかまれ、今日からわたしもファンだ。
iTunesでさっそく楽曲をダウンロードして、聴きながら余韻に浸っている。

観客も想像していたより行儀よく、ただオールスタンディングの客席とステージの距離が非常に近かったので、シャギーさんとハイタッチできるという幸運にあずかる人も多くいたが、それゆえ調子に乗ってステージに上がってしまう人も、やはりちらほらいた。
シャギーさん、そのようなことはとっくに心得ていたようで意に介さず、反対に何人かの女性ファンには、パフォーマンスの合間にシャギーさんが一緒にセルフィーに写ってあげたりして、気さくなところも垣間見えた。
それ以外には大きなハプニングもトラブルもなく、アンコールも含めて11時ごろには終演かな、と思いきや。

なんと本日は、偶然にもシャギーさん48歳の誕生日だったという。
観客とステージの人たちが一緒に「ハッピーバースデー・ソング」を歌ってお祝いすると、シャギーさんは、おまけのリミックス(シャギーさんの楽曲以外のヒップホップやダンスミュージック、果ては『ガンナム・スタイル』や映画『Chennal Express』のテーマソングも)で会場をディスコに早変わりさせ、ファンたちと歌い踊り、大盛会のうちに颯爽とステージを去って行った。
明日はゴアでの公演だそうだ。

おそらく今晩、シャギーさんは会場から最寄りで空港からも近いファイブスター・ホテル、「ハイアット・リージェンシー(Hyatt Regency)」に宿泊していると見ている。
わが家からも、すぐ近所で、今ごろもう寝ているかな(現在午前1時22分)。
素敵な夜をありがとう、そしておやすみなさい、シャギーさん。
 

Pune!!! Turnt up!!! On my birthday!!! Thanks for making it epic!!! #India

Shaggy Aka Mr Boombastic O.Dさん(@direalshaggy)が投稿した動画 -

 

Thank you Pune' @redone @enriqueiglesias #DYNS #india

Shaggy Aka Mr Boombastic O.Dさん(@direalshaggy)が投稿した動画 -

 

Pune' #ineedyourlove #india

Shaggy Aka Mr Boombastic O.Dさん(@direalshaggy)が投稿した動画 -

 

 

#India got a lot of love for shaggy!!! #OnlyLove #PuneIndia

Shaggy Aka Mr Boombastic O.Dさん(@direalshaggy)が投稿した動画 -


追伸:
先月、福岡アジア文化賞を受賞し、ライブを鑑賞する機会に恵まれたA.R.ラフマーンさんも49歳と、シャギーと同世代。
きっちり鍛えている大人は、老けないのだな。
40代後半の男性萌えだな。






About the author

Yoko Deshmukh   (日本語 | English)         
インド・プネ在住歴10年以上の英日・日英フリーランス翻訳者、デシュムク陽子(Yoko Deshmukh)が運営しています。2003年9月30日からインドのプネに住んでいます。

ASKSiddhi is run by Yoko Deshmukh, a native Japanese freelance English - Japanese - English translator who lives in Pune since 30th September 2003.



Share it with


User Comments